FC2ブログ

プロフィール

ハイサイたけやん

Author:ハイサイたけやん
旅への想いを伝えたいと思っております。人それぞれに、それぞれの旅の楽しみがあります。そんな方々へちょっとでも旅の参考になれば幸いです。
*社長 浅野 たけお
*8月15日 8時15分生
*沖縄と温泉と花火と仕事の下見が大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり花火は大曲

2010大会提供
120名の人と、今年も大曲の花火に酔いしれて
来ました。
写真の大会提供花火の時は、会場も、桟敷席も
物凄い振動で、興奮も最高潮だったと思います。
今年は大曲の花火100年。且つ、天気も良しで
東北道も大渋滞。もちろん周辺は大混雑。
それでも見たいのが、この花火です。
バス車内で花火観賞士(私)のレクチャーを受け
皆様がそれぞれに花火を楽しんでくれたと思います。
桟敷席にも、駐車場にも、お弁当にもこだわり抜いた
ツアーです。
27人の花火師さんたちは、多くの観客に喜んでいた
だくために真剣に花火と向き合っております。
その花火師さん達の情熱に負けない位の想いを持って
今年もご案内する事が出来たと自負しております。
夜中1時頃、友人でもある北日本花火興業の今野さん
が「今年の花火はボリュームがあったでしょう」と
電話をくれました。
今年も、多くの感動と卓越された技を目の当たりにする
ことが出来ましたと・・・。
今年も私にとっての大切な一日が感動うちに終わることが
出来ました。


スポンサーサイト

今朝のニュースから

北海道日高山系で東京理大の学生が
鉄砲水に遭遇し、3名死亡、一人は
自力で下山。大変痛ましい事故です。
そして本日の朝、下山した学生と学校側
の記者会見の様子が報道されました。
会見の最後に、何処のメディアの方かは
分かりませんが、学生に「今後も登山を
されますか」の質問。
学生の答えは、まだ分かりません。
当たり前の答えです。
私には、記者の質問の意図が全く理解出来ません
でした。憤りさえ覚えました。
必死で下山してきた学生に何を聞きたかったの
でしょうか?どんな答えを聞きたかったのでしょ
か?自然は時として思わぬ事態をもたらします。
それを必死に生きようとした人間に対する質問とは
到底理解出来るものではありません。
腹立たしい思いの今朝の出来事でした。


西馬音内盆踊り

IMG_1121.jpg
帰りに来年の下見を兼ね、羽後町の
西馬音内の盆踊りを観て来ました。
どうですか・・・妖艶な後ろ姿。
お客様より来年は企画してね・・・。
とのリクエストをいただいております。
いいですよ・・・。ご一緒に如何ですが
来年の話ですが。


秋田県へ

IMG_1070.jpg
昨日は秋田県へ・・・。暑い一日でした。
一つ目の目的は、来週に迫った大曲の花火
の挨拶とネタの仕入れ。
挨拶は、毎年私共のツアーのために特別に
夕食のお弁当を作って下さるお店へ。
今年もこの季節が来たねと、気さくな御主人。
そして写真は、昨年の最優秀賞・内閣総理大臣賞
を受賞された私の友人でもある、北日本花火興業
の今野義和さんです。
昨年の受賞以来、取材が多くてと言っており、
私がお邪魔した時もFM秋田の取材を受けておりました。
そして、しばし今年の見所などで花火談義。
内容はツアー参加者へのお楽しみですので申し上げられ
ません(すみません)
来週に迫り街中は花火一色。会場の準備ももう一息の様子。
今年は大曲の花火100年。期待して下さい(今野さん談)
そして、はいかじツアーに参加される方。
大いに期待して下さい。数々のサプライズ?を用意しています。
花火師さんの想いに応えられる様、花火観賞士も気合十分です。


がんばれ!!聖光学院

聖光
今年も多くの感動とドラマを見せてくれる
高校野球。我が福島県代表の聖光学院も
死のブロックと言われた中を勝ち進み
見事にベスト8。
写真は、私の家から徒歩5分。聖光学院の
グランドです。
周りを田んぼに囲まれたグランドで夜遅くまで
練習をする選手達。近くを通ると野球部員は
直立不動で挨拶をしてくれます。
野球の技術は勿論の事、人としての当たり前の
事も教えてくれる聖光野球部。先発メンバーも
7人が地元の子供達です。
ベンチと選手、そして部員達が一体となり、全国制覇
の合言葉のもと頑張っているナイン。
あと3つ。がんばれ!!聖光ナイン。


東京にて桃のPR

IMG_1037.jpg
昨年に引き続き、桑折町と友好都市である
荒川区にて桃の販売・PRをして来ました。
私の隣にいらっしゃるのが、当町の町長で、
一緒に桃の販売。首のタオルでお分かりの
通り、暑い中での販売でした。
開会前にテントの前は長蛇の列。
「これを楽しみにしていたんだよ」と
嬉しい言葉もいただき、用意した250箱は
全て完売。中には2箱、3箱と買われる方も。
皆様の笑顔が何とも嬉しい一日でした。


桑折町の桃

NEC_0346.jpg
昨日埼玉県より、私の友人の旅行会社のツアーで
桑折町へ桃狩りに来ていただきました。
今年で3年連続のツアーで、毎年楽しみにして
いる方もおられるとのこと。
桑折町は献上桃でも有名な桃の産地です。
木になっている桃を初めて見た方や、
桃は堅いうちに食べて下さい。の説明に
驚かれる方。
産地でしか出来ない体験を暑い桃畑の中で楽しんで
いたようです。
今年は花の時期に雪が降る等作柄が心配されましたが
連日の猛暑で出来栄えも良いとのことです。
これからお盆にかけて、桑折町は桃一色になります。


| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。