FC2ブログ

プロフィール

ハイサイたけやん

Author:ハイサイたけやん
旅への想いを伝えたいと思っております。人それぞれに、それぞれの旅の楽しみがあります。そんな方々へちょっとでも旅の参考になれば幸いです。
*社長 浅野 たけお
*8月15日 8時15分生
*沖縄と温泉と花火と仕事の下見が大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猪苗代湖一周ウォーキング その4

P4290224.jpg
ゴールの志田浜です。
歩いてきた方向をバックに撮影しました。
今日は、あそこから歩いて来たのですと
言うと皆さんびっくりでした。
写真右から3番目の方の後方がその場所です。
スポンサーサイト

猪苗代湖一周ウォーキング その3

P4290211.jpg
浜路の満開の桜並木です。
2回桜を楽しめたとお客様談。
確かにその通りです。
車で通り過ぎると何でもない風景も
歩くと気づく風景がそこにあります。
そんなことを感じる道でした。

猪苗代湖一周ウォーキング その2

P4290204.jpg
舟津公園の菜の花での一枚です。
当社渡邉もお客様と一緒に元気に完歩
しました。手に持っている旗は今回のために
作った手作りの旗です。
皆様の幸せを願って、幸せの黄色い猪苗代湖の旗
と名付けました。

猪苗代湖一周ウォーキング

P4290178.jpg
春の暖かい日差しと、猪苗代湖からの風を受けて
念願だった猪苗代湖一周ウォーキング第一路(21.7?)
を25名のお客様と歩いて来ました。
湖畔の桜と舟津公園の菜の花が満開で
湖畔から望む磐梯山の雄姿を眺めながらの6時間。
私も含め、参加された方々も22キロ歩くという初めての
体験に不安がちでしたが、話をしながら、景色を眺めながら
ゆっくりと歩き、落後者もなく完歩することが出来ました。
思ったより楽だった。楽しい時間を過ごした。歩かないと
分からない事が発見出来た。など参加者からの声。
帰りの温泉に入り疲れを癒し、締めはそばを頬張りと
贅沢な時間を過ごした気がしました。
第二路5月17日。新緑の眩しい18キロを歩きます。

猪苗代湖一周ウォーク下見

P1010132.jpg
今月29日に実施する、猪苗代湖一周ウォークの最後の
下見と現地ガイドさんとの打ち合わせをして参りました。
写真は当日一緒に歩いて下さる、大竹 力さんです。
この方は、日本エコツーリズム協会認定のガイドさんで
あると共に、このガイドさんに会いたい日本の100人にも
選定されている方です。
ご自身でも下見をされ、当日楽しく歩きますよと
今から計画をされているご様子。
ますます、第一路が楽しみになって来ました。
湖畔の桜もまだまだつぼみの状態。
当日満開になってくれることを祈り、
福島県のシンボルである磐梯山を眺めながら
ゆっくりと歩きたいと思っております。
追伸:2名様の空きがあります。宜しければ
ご一緒にいかがですか。

大竹 力さんのブログ

人の温かさを感じる時

P1010130.jpg
滝桜の続きです。
今回のツアーで最後に訪れたのが、
川俣町の駒桜です。
休憩所に歓迎板が飾られておりました。
当社のツアーの歓迎板が・・・。
今回のツアーで10本の一本桜を見ました。
お客様へもお伝えしましたが、最後にこの
駒桜で締めくくることが、今回のツアーのポイント
なんですと。その駒桜を表現するには、
威風堂々、どうだと言わんばかりの素晴らしい
桜なのです。(写真は後日掲載します)
それだけ素晴らしい桜なのですが、ツアーでは
訪れないとのことで、今回当社が初めて取り上げた
ことへの感謝の気持ちがこの歓迎板になったのだと
心から喜びを感じました。
有名だからとか、名所だからだけではない、
その地域で守られているもの。そしてそれを
守っている人がいること。
そんな思いが大切なのだと感じています。
今回のツアーでも多くの人と接することが出来ました。
本当に心から感謝でいっぱいでした。

お客様と・・・。

P1010124.jpg
滝桜の続きです。
私と一緒に写っている方々は、
私の右隣が、福島で活躍されている
花の写真家・遠藤日出夫さんです。
弊社花のツアーにおいてアドバイス
をいただいております。
今回も、写真教室の生徒さんと一緒に
参加していただきました。
その右隣の方は、遠藤先生のご友人で、
花の写真家、故秋山庄太郎先生に師事し
東京で写真家として活躍されている
田澤 進先生です。今回、遠藤さんのお誘いで
わざわざ東京より参加をいただきました。
きさくにお話いただき、写真のこと、花のことなど
色んな話をさせていただきました。
一つのことを追求することの大切さを改めて感じること
が出来た貴重な一日でした。

春満開の三春の里

P1010118.jpg
19日(日)弊社ぱいかじツアー中通りの一本桜を
訪ねての添乗で、三春の滝桜を中心に10本の
一本桜を観桜して来ました。写真は滝桜です。
やや散り始めとのことでしたが、十分に見ごたえの
ある滝桜に今年も感動でした。
朝8時前に現地到着。この時間だと渋滞の心配はなし。
バスの駐車場へも一番乗りでした。
ゆっくりと滝桜を見た後は、滝桜の子孫を訪ねる
ツアーとなりました。
週末で12万強の人を魅了したこの桜。
悠久の歴史を感じます。

そば屋さんの風景

fuukei.jpg
七兵衛そばからの里山の風景です。
4月12日撮影ですが、未だ雪が残っていました。

メニューの無いそば屋さん

shichibei.jpg
山形県大石田町に次年子という地区があります。
そば好きな方ならすぐにわかると思いますが、
次年子そばで有名な場所です。
その中でも人気店なのが七兵衛そばです。
この店土日は45分待ちは当たり前という位
のお店で、メニューはありません。
席に着くとすぐに、漬物が3種類出されます。
その後どんぶりに盛られたそばが出され、
嬉しいことに食べ放題です。
ここを訪ねたのは、以前からツアーで利用出来ないかと
考えておりました。
4月でも雪の残る山里のそば屋さん。その風景と美味しい
そばをお客様へ案内出来ないかと・・・。
団体御断り。確かに50席足らずの店内ですので
納得します。が、・・・。
条件付ではありますが、女将さんよりOKをいただいて
来ました。山形のツアーで是非、ご案内させていただきます。
ここの風景とそば。きっと気に入りますよ。

雪の回廊

NEC_0262.jpg
花見山の次に訪れたのはスカイラインの雪の回廊です。
写真でもわかる通り暖冬の影響で雪の壁が昨年の
半分位でした。
福島市内は花盛り、そして山は雪・・・。
ちょっと足を延ばしただけで風景が変わる福島。
道すがら、この木が芽を吹き、新緑となり
秋には素晴らしい紅葉をみせてくれる。
自然の偉大さを感じるとあ客様談。
まさにその通りです。

福島は花盛り

NEC_0260.jpg
4月11日(土)ぱいかじツアー・花見山と雪の回廊の添乗での一コマ。
福島市の花見山は花々が満開となり多くの人で賑わっておりました。
(ちなみに3万人の人出だったそうです)
テレビ番組「旅サラダ」の中継もあり全国にこの桃源郷が紹介され
ました。
地元に居て地元を訪ねるこのツアー。今回は22名の方に参加いただき
地元の春を満喫しました。花良し、食事は最高、天気もと
皆様は春の訪れを五感で感じていたようです。

久しぶりの再会に酔う

NEC_0257.jpg
一昨日、岳温泉にて久しぶりの再会がありました。
福島県内の気の合う旅行会社で組織していた(昨年解散)
会合の懐かしむ会に参加。
昨年8月2日の長岡の花火大会以来となり、
丁度8ヶ月ぶりでしたので、会の名前を八ヶ月会としました。
それぞれに近況や、情報交換。大変な時代に入ったとの
思いの中、夜遅くまで、酒を酌み交わしながらの会合でした。
昔は良かった。そんな話しでは未来はない。きっぱりと言える
何かが欲しい。一番の若手の言葉です。
何か・・・それは自分の信念と会社が追い求めるものを
ぶれる事無く追い求めることだと思います。
一つの事をいつまでも、そして執念を持って。
次の集まりは、8ヶ月後の12月2日に決まりました。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。