プロフィール

ハイサイたけやん

Author:ハイサイたけやん
旅への想いを伝えたいと思っております。人それぞれに、それぞれの旅の楽しみがあります。そんな方々へちょっとでも旅の参考になれば幸いです。
*社長 浅野 たけお
*8月15日 8時15分生
*沖縄と温泉と花火と仕事の下見が大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手は元気です

北山崎
最高の秋晴れの中、岩手県三陸海岸へ添乗業務で行って
来ました。6月に発生した地震以降、風評被害で三陸地方も
観光客の減少で大変だったとの事ですが、私が泊まったホテル
は、九州のお客様や、バス会社の謝恩企画などで賑わって
いた感じがしましたが、ホテルの方曰く、例年より少なくて
大変なんですよと。

三陸の魅力は、何と言ってもリアス式海岸の景色と、海の幸に
尽きます。ほたて、あわび、ほやといった海の幸。こんぶ、わかめ
の海藻など、本当にいいところで、海の幸の宝庫です。

写真は北山崎の遊覧船から写したものです。
是非、この風光明媚な景色をご覧いただきたいと思います。

今回ご一緒された方の中に、御歳92歳の方がおりました。
大変元気な方で、皆様と全く同じ行動をされ、同じものを
食され、ご宴会時はお銚子を4本も注文され、マイクを持って
歌いながら「自分は暗夜の霜の如く、最後をむかえたい」と
言った言葉が大変心に残りました。人間の年輪を感じるその
言葉に、まだまだ私ごとき小者がわかり得ない境地であると
感じながら、この素晴しい景色も何百万年も前に作られたもの
であると思うと、もっと、もっと大きく生きようと思わされます。

旅は、色んな出会いの中から自分を成長させてくれるものだと
思います。いよいよ秋本番です。皆様方も旅に出ませんか・・。
スポンサーサイト

秋色の尾瀬沼を歩いて来ました

尾瀬
秋晴れの中をスタッフと共に草もみじが見頃を迎えた尾瀬沼を
歩いて来ました。9月21日に開通した甲子トンネルの下見を兼ね
一路尾瀬へ。今までよりは1時間程度短縮されたと思います。
大江湿原(写真)は正に秋色に染まり、多くのハイカーが尾瀬の秋
を楽しんでおりました。
初夏から秋へと短い期間に尾瀬は多くの人を迎えます。その時々で
表情を変える風景が人を引き付けて止まないのだと改めて感じました。
来年はこの尾瀬をどのようにお客様へ伝えるかを話しながら帰路へ。
途中の温泉もツアーへ取り入れたい場所の一つになり、立寄ったお土産
屋さんもその一つです。
そんな下見の中、スタッフ一同驚いたことがありました。大江湿原を歩い
ている時の事。ツアーバスのお客様へ遭遇。きちんとした山の服装で
参加をしている人の中に普段着で歩いている方が多数いたこと。
尾瀬はれっきとした山であります。突然の雨や気象の変化もあります。
どのようなツアーかは知りませんが、あまりの安易さに愕然としました。
他人事とは言え、参加されている方が心配せざろう得ない光景でした。
いよいよ秋本番。それぞれのツアーへ思いをめいっぱい込め、お客様を
ご案内して参ります。

九州へ行ってきました。その2

連休最終日の15日福岡空港は多くの人で賑わっておりました。
前日には全日空のシステム故障。大変な事態です。正直自分が
その場に居たらと思うと・・・。
航空券のチェックインをした時の事。15分位待たされました。
連休中の航空券は、団体券あり、個人券あり、パッケージありで
航空券をかき集めてようやく乗れるのが現実です。
その煩雑な航空券を搭乗券にするのですから時間がかかるのは
当たり前のことですが、係員が発する言葉は「お待ち下さい・只今
処理をしております」その間、分からないことは電話で確認し、さらに
違う人がきて対応と言った具合です。全てがマニュアル化された対応に
私はある種の苛立ちを覚えながら機内へ。
CAの方へ日経新聞を頼みました。
すると次の言葉が返って来ました。
「ちょっと新聞が破けておりますがよろしいですか」と
破けているとはいえ、記事の内容に影響はありませんでした。
新聞を手渡すその一言に心が温かくなりました。
新聞に目をやりながら、先程のカウンターでの対応の違いは?と
思いながら九州を後にしました。


九州へ行ってきました

高千穂峡
9月13日より九州への添乗業務がありました。写真は高千穂峡
真名井の滝です。観光パンフやポスターで見かける風景ですが、
実際に行ってみると正に絶景です。
ご存知のように高千穂は神話の里として有名な所です。天岩戸神社、
高千穂神社など神話にまつわる場所が多く、独特の雰囲気とピンと
張詰めた空気を感じる場所です。
高千穂峡を歩きながら、この場所をゆっくりと歩き、最後に写真にも写っ
ているように、ボートに乗ってのんびりと出来たらなと思いました。
きっと来年位に「ゆっくり高千穂ハイキングツアー」を創り、又訪れたいと
思う場所でした。
追伸:宮崎県はいたる所が東国原知事でいっぱいでした。

本日の朝の思いから

朝6時長男が通う中学校の奉仕作業ありました。
学校内外の草刈りが主な作業でしたが・・・。
作業が終わり先生より、子供達は部活の新人戦に
がんばっています。学校が綺麗になりいい成績を
残せると思いますと・・・。
野球部に所属する我息子も奉仕作業の後、早速着替え
校庭で練習の準備をしていました。
家に帰り新聞に目を通すと一面に自民党総裁選の記事が。
親として子供達には、何事にも一生懸命、そして粘り強く、
一つの事を成し遂げるのが大切だと教えています。
でも現在、日本のトップで行われていることはどうなのでしょうか?
権力争いやそれぞれの面目。何処を、誰をみているのか・・・。
将来に夢や希望を持つ、この子供達に明るい未来が来ることを
祈る今朝の奉仕作業でした。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。