FC2ブログ

プロフィール

ハイサイたけやん

Author:ハイサイたけやん
旅への想いを伝えたいと思っております。人それぞれに、それぞれの旅の楽しみがあります。そんな方々へちょっとでも旅の参考になれば幸いです。
*社長 浅野 たけお
*8月15日 8時15分生
*沖縄と温泉と花火と仕事の下見が大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沢山の葉書が届きました

はがき
大曲の花火ツアーから1週間が経ち、参加いただいたお客様
より、御礼や、感想や、お叱りなどが綴られたはがきが沢山
届きました。勇気づけられる言葉や今後に繋がる助言など
大変ありがたく、当社にとっての宝物です。
本当にありがとうございました。
そんな中の一枚に「美果さんありがとう」の文字がありました。
初めて添乗をした新人渡邉への感謝の言葉でした。
渡邉は大変喜んでおりました。同時に私は何故お客様があなた
の名前を知っていたのか?と質問をしました。
名札を見たのか、それとも社長が紹介してくれたことを覚えてくれ
たのか・・・。
お客様から名前で呼んでいただける。
これがお客様との繋がりだと思います。
沢山の葉書に込められた言葉一つ、一つが私達を成長させて
くれています。
本当にありがとうございました(感謝)
スポンサーサイト

がんばれ後輩諸君!!

中村
昨夜私が14年間所属した(社)だて青年会議所の総会が
開催されました。卒業してからJCの会合は、1月の新年会
8月の総会の参加となってしまいましたが、先輩OBはじめ
後輩達としばし時間を共にすることは楽しいものです。
写真は来年度の理事長予定者のスピーチです。
私も何年か前にこの体験をさせていただきましたが、
人前で自分の思いを伝えることは大変難しいものですが、
次年度予定者は思いの丈を存分に話をしておりました。
若いうちは、自分に時間とお金を投資する時代。
自分もそう言い聞かせ行動してきたものが、
JCを卒業してそれらを感じる今日この頃です。
地域のため、未来を担う子供のため、そして自分のために
がんばれ 後輩諸君!!

大曲の花火

大曲の花火
8月23日(土)当社においての一大イベント大曲の花火ツアーを実施
今年は87名のお客様に参加をいただき日本一の花火を観て来ました
夜花火開催前の約2時間雨に見舞われましたがお客様はじっと桟敷席
で待っておられ、事前に案内した通りに皆様合羽を持参。
大曲では合羽は必需品なのです。
夜花火が始まる頃には雨も上がり、最高の技と卓越した技能、そして
花火師さん達の思いが大曲の空に舞い上がりました。
以前ブログで紹介した魔法の箱も大活躍。今年の大曲の花火ツアーは
この箱と、花火鑑賞士の案内と新たなバージョンが加わり、より内容の
濃いものとなりました。
写真は大会提供でのVクロス(虎の尾)という花火ですが
これを観ないと大曲に来た気がしないと言う方もいるように
今年も大会提供は興奮の連続でした。
私の友人でもある北日本花火興業の今野さんも
優秀賞となりひと安心でした。
このツアーが終わるといよいよ秋のシーズンを迎えます。
花火師さん達の情熱を私共も見習い「旅づくり」をしていきたいと
思う一日となりました。
新人渡邉は初めての添乗と初めての花火に何を感じたことか・・・。
一つの事を成し遂げる大切さやそこへ行くまでの大切さは
花火から感じ取ってくれたと思います。
いろんな事を教えてくれる大曲の花火はやっぱり日本一です。

いよいよ大曲の花火です

作業
いよいよ待ちに待った大曲の花火が近づいてきました。
今日は遅くまで旅のしおり作りや、最終確認の作業が
続いております。
今年も、こだわりにこだわり抜いた夕食の花火弁当や
車内販売のお土産、そして花火鑑賞士浅野の説明など
他にはない企画で望みます。
この大会に全身全霊を賭ける27名の花火師さん達の
思いに応えられるように、そしてお客様に喜んでいただけ
るよう出来ることを一生懸命やらせていただきます。
今年は幾つの感動とお客様の笑顔に出逢えるか・・・。
今から楽しみです。
花火鑑賞士としての初舞台。いよいよ幕が上がります。

企画力は実現力

箱
ここに一つの箱があります。これが今年の大曲の花火
ツアーで活躍する予定です。
先日8月に入社した渡邉と企画について話をしました。
彼女は、専門学校でツアープランニングを学んでおりましたので。
お客様に合った旅づくりと、渡邉は言っておりました。
そんな話しの中で私が言ったことは、どんなにいい企画をしても
それが実行、実現されなければ何にもならないという事です。
私共のような小さな会社は、作り手と売り手と添乗員が一つ一つの
ツアーに対する思いを共有出来るという強みを持っています。
この箱をどのように使うかは秘密ですが、きっと企画力が実現力に変わ
る魔法の箱だと思っております。
毎日が新しい発見と渡邉は言っております。一歩、一歩確実に成長
することを願っております。

斎理幻夜をご存知ですか

斎理幻夜
8月9日(土)宮城県丸森町で一年で3時間だけ開催
の祭りがあります。今年で20回目の斎理幻夜がその
祭りの名前です。以前から気になっていたお祭りで、
新潟の旅行会社(玉川寺のホタルを共同企画した)
が私の地元桑折町へ桃狩りの下見に来ることとなり
8月に入社した渡邉と、新潟よりの3名と共に行って
来ました。メイン会場は丸森町の観光名所斎理屋敷
とその前の通りです。
斎理屋敷には数千個の灯篭が並べられ厳かな雰囲気
の中ピアノや、ハープの演奏が行われました。
午後6時から9時までのお祭りに大勢の人が何とも言え
ない雰囲気を楽しんでおられました。
ツアー造成において下見は大変重要な事です。
何気ない町の食堂でさえ感動することもあります。
初めて下見をした渡邉は何を感じたか、新潟からの
旅行会社の人との話しをどのように受取ったか。
これらが我々が目指すスタンダードなのです。

夏はやっぱり祭りです・・・。青森ねぶた祭り

ねぶた
8月5日青森ねぶた祭り。気温30度の猛暑の中
青森へ。本当に暑い一日でしたが、お祭りも熱い。
21台のねぶたが街中を練り歩き、多くの跳人が
踊るねぶた祭りはいつ観ても感動します。
特にスタートの花火の合図と共に一斉に鳴り響く
笛、太鼓は圧巻です。
青森の人はねぶたが終わると秋が来る。と言います。
短い夏を惜しむかのようなこのお祭りは、一生懸命
に演出する人と、それを観る観客が一体となった
熱気と迫力と情熱を感じる祭りです。
来年も又この場所へ来たいと思います。
追伸
この日の昼食に桃豚ステーキを食べました。
肉の柔らかさと脂身の美味さに、お客様は
大変喜んでおりました。その土地の美味しい
ものを食べる。当社ツアーの原点の一つです。
    

夏はやっぱりお祭りです・・・。長岡の花火

長岡の花火
夏本番となりました。福島は大変暑いです。
夏と言えばなんと言ってお祭りです。
先週から今週にかけて、2ヶ所のお祭りに
行ってきました。
写真は8月2日開催の長岡の花火です。
この日のメインは長岡にちなみ「米百表花火」
尺玉(10号)の100連発とワイドスターマイン
のフェニックス。そして長岡の代名詞正三尺玉
です。決して派手さはないものの、花火の王道を
行く花火です(花火鑑賞士浅野談)
新潟は花火処です。それぞれに趣が違う花火が
楽しめます。来年は何処の花火をツアーにするか
今から試案をめぐらしております。

~さあ行くぞ~旅づくりの仲間が加入

NEC_0076.jpg
8月1日当社に旅づくりの仲間が加わりました。旅行の専門学校
を卒業し、大手旅行会社に1年間勤務、そして国内旅行を中心に
お客様とのつながりの中で仕事をしたいとの思いで当社への入社
となりました。初めに話しをしたことは、会社の一社員や従業員で
はなく、お客様の笑顔のために仕事をする仲間として、チームの
一員としてお迎えしました。との言葉でした。
明日から夏の甲子園が開幕します。多くの感動と幾多のドラマが
私達の胸を熱くすることでしょう。
私達チーム東南も新たな仲間を加え、プレイボールの線上に立ち
ました。仕事においても野球同様チャンスもあればピンチもありま
す。ピンチの時こそチーム東南一丸となり、
夢に向かって・・・さあ行くぞ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。